初心者のための透明水彩画講座

初心者でもあっという間にきれいな水彩画が描けるようになる。
そんな水彩画講座をご紹介します。

初心者のための透明水彩画講座とは

透明水彩を使ってきれいな水彩画を描きたいけれど、なかなか上手く描けない。

そんな方にご紹介したいのが、現役のプロが教える「大人のための水彩画講座」。

絵画の中でも特に難しいとされる透明水彩を、
短期間で上達させることができるユニークな講座です。



自宅で好きな時に好きなだけ取り組めるから、忙しい人でも大丈夫。

また楽しい色塗りからいきなりスタートできるので、
下絵が上手く描けなくてウンザリしてしまうこともありません。

画期的な練習方法で、あっという間に美しい透明水彩画が描けるようになります。



透明水彩を効率よく上達させたい。
そんな初心者は、ぜひ以下の講座をご覧になってみてください。

水彩画の上達方法 知ってますか?

絵を上達させたい。
だから絵をたくさん描こう。




そう考える人は少なくありません。
一般的に、絵は描けば描くほどうまくなるのが普通です。

なので水彩画の練習で沢山描くというのは間違いではないのですが、実は効率的な方法でもありません。



確かにデッサンなどは、描けば描くほど慣れてきて上手くなると思います。

ですが水彩絵の具を使った絵に関しては、
ただやみくもに数を描くだけでは上達にはつながりにくいんですよね。

特に透明水彩といわれる種類の水彩絵の具は、その傾向が強いです。



思い当たる方、おられるのではないでしょうか?

美しい水彩画を描きたいと思って透明水彩をはじめてみたけれど、何度描いてもリンゴや花がそれっぽく描けない。 水彩ならではの透明感ある雰囲気が出せない…。

それは、練習の仕方が悪いからです。



水彩画を最速で上達させたい。
短期間で、ある程度見ものになるような絵を描きたい。

あなたがそんな風に考えているのなら、数をこなすだけの練習方法はやめましょう。

透明水彩の腕を効率よく上達させたいのなら、単に描くのではなく、 「正しい水彩絵の具の扱い方と描き方」を知ったうえで、それを身に付けてください。

要は、水彩ならではのコツとテクニックを身に付けるのが大切だということです。



コツやテクニックが大切…なんて当たり前のことでは?と思われた方もおられるかもしれませんが、 意外と自己流で思いつきのままに描いている人、実は少なくありません。

大切なのは、正しい描き方で描くことです。

正しい描き方をきちんと身に付け、
紙の上で自由に表現できるようになったうえで、個性を出していきましょう。

当サイトでよくご紹介している「大人のための水彩画講座」でも、ここで触れているような効率の良い練習方法でレッスンを進めていくので、 初心者でもあっという間に上達します。

透明水彩には押さえるべきポイントがたくさんある

透明水彩は絵の中でも特に難しいといわれます。

絵の上手い方だと、どんな道具を使ったとしてもそれなりに上手く描けることが多いですが、 透明水彩絵の具に関しては、はじめてだと上手く描けないことがほとんど。

下絵は上手く描けていたとしても、着色で失敗してしまうのです。



なぜ、透明水彩だと上手く描けないのか?

その理由ですが、透明水彩は絵の具の性質上水をたくさん使うため、 色の出方や水の広がり方などがコントロールしづらいという点にあります。




色を付けようと思ったら、紙の上で色が混じって意図しないにじみが出てしまったり、 下絵の線から大幅にはみ出てしまったり。

また油絵のように、色を塗り重ねて修正することができないため、 色塗りに失敗したら完全には修正できません。

色の混ぜ方や色塗りが難しい割に、
書き直しができないため、失敗しやすいというわけです。

実際、絵を描くのは好きだけれど透明水彩は苦手…なんて人、少なくないです。



とはいえ、まだ絵を描くことに慣れている方であれば、絵の練習の仕方を知っていますから、 比較的短期間で上達させられるでしょう。

透明水彩独特のテクニックや描くコツさえ身につけられれば、きれいな水彩画が描けるようになるはずです。

ですが絵を描くことに慣れていない初心者の場合、
残念ながら上達までの道のりは遠いです。

特に独学で透明水彩を始めたような方だと、 毎回自己流の描き方でかいてしまい、失敗作や気に入らない絵ばかりが溜まっていくことになるかもしれません。

またなかなか上手く描けないと、最後には描くのがイヤになってしまうかも…。



…なんてネガティブなことを述べていますが、
初心者だから絶対に上手く描けないというわけではありません。

先にもご説明したように、透明水彩は水をたくさん使うというその性質上、色の出方をコントロールしづらいという特徴があります。

他の絵の具に比べて、独特のクセがあるというわけです。

そのクセをきちんと把握した上で
道具の正しい使い方を覚えれば、初心者でも上手く描けるようになります。

要は、透明水彩ならではの絵画のポイントを押さえましょうということです。

具体的にはどのように練習すれば良いのか




透明水彩を上達させるには、道具の正しい使い方や、
透明水彩ならでは絵画のポイントを押さえるべきだと述べました。

とはいっても、どのように練習すればよいのかが
具体的にわからない人は少なくありませんよね。

一体どのように練習すればよいのでしょうか?



絵画の練習…と一口にいってもさまざまな方法がありますので、絶対にこれという正解はないのですが、 効率の良い絵画の練習の仕方をご紹介します。

絵画教室やサークルなどで活動していると、
少なくとも1~2人は絵がずば抜けて上手な人がいますよね。

そういう上手い人の描き方をよく観察してみましょう。

見ていると、色の混ぜ方や水の量の加減、筆の動かし方など、自身のやり方とは違うところがたくさんあることに気づくはずです。

もしできる状況であれば(相手の迷惑にならなければ)、相手の絵を描く手順や筆の使い方などを真似してみてください。

そっくりにとはいかないと思いますが、
できるだけ忠実に真似します。

そうやって上手い人の描き方を真似ることで、
普段よりも上手く描くことができるはずです。





上手い人の描き方を真似ることで、
なぜいつもよりも上手く描けたのか?

それは、透明水彩ならではの描き方のポイントを押さえた上で、描いたからです。

例えば草木の質感や水の流れる様子、空に浮かぶ雲など、 様々なモノをそれらしく描くためには、その対象物にあった描き方をしなくてはなりません。

しかし絵が下手な人は、すべてを同じように描いてしまいます。

同じような水の量、色づかい、筆づかいで描いてしまうために、 まるで子供が描いたような奥行きのないぼんやりした絵に仕上がってしまいやすいのです。



対して、透明水彩で絵を描くのが上手な人は、
どのように筆や色を使って描けば、それらしく見えるかを知っています。

描き方のコツ、表現の仕方のコツを知っているわけです。

そういった方の水彩画の描き方をよく観察していると、描くものによって色の混ぜ方や重ね方、 筆の使い方を変えているのがわかると思います。

描き方を知っているからこそ、上手く描けるのです。



絵の下手な初心者が、絵の上手い人の描き方を真似る事でいつもよりも上手く描けた理由は、 その方の描き方を参考にして真似することで、表現の仕方を学ぶことができたからです。

真似というと言葉が悪いかもしれませんが、
上手な人をお手本にすることは、初心者にとっては非常に効率の良い絵の練習方法なのですよね。

なので、もしお手本にできる人が近くにいるのなら、 その方の透明水彩画の描き方を参考にさせていただくのが練習にはベストだといえるでしょう。



そのような人がいない場合でも、 ネット上を探せば「透明水彩画を描く過程」を公開した無料動画などがありますので、 とりあえずはそういったものを参考にして絵を描いてみてください。

描き方のポイントを押さえて描くことで、
絵のレベルが上がることが実感できると思います。





なお、公開されている無料動画等を参考にして、
初心者が透明水彩を練習していくというのは難しいと思います。

大抵の動画は初心者が学ぶために作られたものではないため、断片的にしか参考にできないからです。

ところどころ参考にはできるものの、
初心者が一から透明水彩を学び、描き方のコツを身に付けていくのには活用できません。

では、どのように学べばよいのか?

なんて思われた方、
次項でご紹介している方法が参考になるかもしれません。

「真似して描く」を実践できる水彩画講座がある




繰り返しとなりますが、初心者が透明水彩を上達させる方法の一つとして、 「上手い人の描き方を真似する」というものがあります。

相手の描き方をよく観察し、参考にして描くことで、
短期間で水彩画の腕を上げることが可能になります。

初心者にとってはとても効率の良い絵の練習方法なのですが、環境によってはできない場合もありますよね。

そんな方にご紹介したいのが、
透明水彩を自宅で学べる「大人のための水彩画講座」です。



この「大人のための水彩画講座」では透明水彩の具体的な描き方を、画家の上西先生が映像でわかりやすく解説してくれます。

なぜこの講座をご紹介するのかというと、
先にも述べた「上手い人の描き方を見て真似する」という練習方法を講座内で採用しているからです。

プロが透明水彩で絵を描く過程をまるごと観察でき、
さらには真似て描く練習ができるようになっています。

真似て描くことを前提としているため、
描く過程には一切省略がありません。

普通だと見づらい、細かい部分の描き方や筆の動かし方も全部見られるようになっています。



加えて、一般的な水彩画教材にはつきものの美術用語や小難しい話などは一切ありません。

正直、難しい美術用語を知っていても、
描き方のコツを知らなければ絵は上手く描けません。

逆に美術用語を全く知らなかったとしても、
描くコツさえわかっていれば美しい絵はいくらでも描けます。

そういった点を踏まえて、具体的な描き方をできるだけわかりやすく説明するようにしています。

自宅で好きな時間に好きなだけ学べるという点も、
本講座の大きな魅力です。




市販の透明水彩本や水彩画講座で続かなかった方、思ったように上達しなかった方でも、 この「大人のための水彩画講座」なら、あっというまに美しい水彩画を描くためのコツを身につけられるはずです。

できるだけ最短で、効率よく透明水彩の腕を上達させたい

そのような方に向く講座だといえるでしょう。



本当に透明水彩が上達するのか?
絵心のない初心者でもできるのだろうか?

そんな風に思われた方、まずはレッスンの内容に目を通してみてください。

初心者でも短期間で、しかも苦労なく、
透明水彩を使った水彩画のテクニックを身に付けられるということがわかると思います。

水彩画を上手く描けるようになりたいという方は、チェックしてみましょう。





Copyright (C) 2019 初心者のための透明水彩画講座 All Rights Reserved.
TOPPAGE