絵のセンスのない人が透明水彩を上達させるには - 初心者のための透明水彩画講座

初心者でもあっという間にきれいな水彩画が描けるようになる。
そんな水彩画講座をご紹介します。

透明水彩できれいな水彩画を描きたい。
でもなかなか上手く描けない。

そんな方におすすめしたいのが、自宅で透明水彩を学べる「大人のための水彩画講座」。

普通とは異なる独自の練習方法で、
初心者でもあっというまに上手な水彩画が描けるようになります。

絵画のセンスがなくても、知識のない初心者でも大丈夫です。



効率よく透明水彩を上達させたい。
そんな方は、以下の講座に目を通してみてください。

絵のセンスがない だから絵が上手く描けない…は間違い



透明水彩できれいな絵を描けるようになりたいけれど、
そもそも絵のセンスがないので難しそう。

そんな風に思っていらっしゃる方、結構おられるように思います。



確かに長年絵を描いているのにもかかわらず、
あまり上手いとは思えない絵を描く人はいます。

また絵はともかく、構図や色使いがパッとしない人っていますよね。

そんな風に絵がなかなか上手くならない理由、
絵がパッとしない理由は「絵のセンス」がないから。

…といってしまえば簡単ですが、
実は絵の上手下手に、センスはあまり関係ありません。



もちろん、センスの良しあしというものはあります。

なのでその人のセンスが、
絵の出来に全く関係がないかというと、そんなことはないです。

特に想像でなにかを描く場合は、
センスがないとなかなかうまくは描けないでしょう。



ただ、目の前の風景や静物、人物など、対象となるモノを単純に水彩で描きたいと思った場合に、センスがないから上手く描けない…とはなりません。

センスがないから描けないのではなく、
上手く描くコツ、表現の仕方を知らないから上手く描けないのです。

なので、絵のセンスがないと自分で思っている方、 才能がないと持っている方でも、きちんとした方法で練習しさえすれば、 透明水彩を上達させてきれいな水彩画を描くことは可能です。

センスがないとあきらめるのではなく、正しい練習をしましょう。

絵のセンスがない人が水彩画を上達させるには

絵のセンスがなくても、水彩画を上手に描くことはできる。



…と聞いて絵を描き続けているけれど、
いくら練習を重ねても一向に上手くなる気配がない。思うように描けない。

そんな方、おられるかもしれません。



単純に絵をたくさん描けば絵は上達するものだと思っている人、とても多いです。

もちろん間違いではないのですが、
工夫のない自己流の描き方で絵を描くことを繰り返しても、パッとしない絵がたくさん完成するだけです。

上手い水彩画を描きたいのなら、
上手な描き方というものを学ばなくてはなりません。

というと、なかには「それが自分にはできないんだけど…」なんておっしゃる方もおられそうですが…



例えば「波を描くときは、このような色で筆はこのように使う…」なんて具体的な説明とともに、 目の前で描く様子を見せてもらったとしたら、それを真似するくらいはできますよね?

真似することができるのであれば、
上手な水彩画の描き方を身に付けることはできます。

そこに絵のセンスは全く必要ありません。

要は「波を描くときはこの描き方」「雲を描くときはこの描き方」「影を描くときは…」といった具合に、 さまざまなモノの表現の仕方や、描く手順を学ぶことが大切なのです。

それを理解せずに、自己流で色を塗ることを繰り返していても水彩画は上達しません。



キレイな水彩画を描きたいのなら、
さまざまなモノの「上手な描き方」を身に付けたうえで、絵を描いていきましょう。

そこを意識して描くだけでも、絵の様子が違ってくるはずです。

最初は真似がおすすめ



正しい描き方で水彩画を描くといっても、最初はどのように描けばよいのか、 どうやって描き方を学べばよいのかがわかりませんよね。

そこでおすすめしたいのが、人の真似をする練習方法です。




あなたの周囲に水彩画が得意は人はいませんか?

教室や水彩画のサークルに参加している人は、
教室の先生や水彩画が得意な生徒さんでも良いと思います。

とにかく、水彩画が上手な人の描き方を
くわしく観察できる機会を見つけてください。

そういう機会を見つけたら、

他の人の描き方を観察して、できるだけ忠実に再現してみる。

これを繰り返してください。

上手な人の水彩画の描き方が、
自分の描き方とは全く違うことに気づくはずです。

色使いや筆の使い方など、
とても参考になるのではないでしょうか。

そして描きあがった絵は、いつも自分が描く絵よりもきれいに描けているはずです。




参考にできる人がまわりにいない方、もしくは水彩画を描くのが上手い人はいるけれど、相手の迷惑になりそうで観察するのが難しい場合。

そんな方には、当サイトでご紹介している 水彩画講座の教材が役立つと思います。

ご紹介している水彩画の講座では、プロが透明水彩で絵を描く手順を最初から最後までDVDで観察できるようになっています。

言葉による説明ではなく、実際にプロが描く姿をそっくりそのまま真似することで、 水彩画をきれいに描くコツを直感的に知ることができるというわけです。



透明水彩を使った水彩画って、描くコツさえつかんでしまえば、初心者でも驚くくらいあっという間にきれいな絵が描けるようになるのですよね。

この水彩画講座の教材はプロのコツを学ぶことで、透明水彩を上達させる練習方法をメインに採用していますので、 効率よく水彩画を上達させたい初心者はもちろん、いくら練習しても上達しないという方にもおすすめです。

水彩画 なぜ真似すると早く上達するのか



水彩画をはじめとする絵画の腕は、 自己流のやり方で練習を重ねるよりも、プロや上手い人の描き方を参考にした方が数倍は早く上達します。

なぜなのか?



その理由ですが、プロや絵がうまい人は「美しく描く方法」「それらしく表現する方法」を心得ています。

具体的に、どのように色や筆を使えばよいかを
これまでの経験から知っているわけです。

初心者が自己流でそれらのコツを身に付けようと思ったら、多分何か月~何年もかかります。 やり方が悪いと、いつまでたっても上達しないかもしれません。

しかしすでに出来上がったプロの描き方を参考にすれば、
自己流で描き方のコツを編み出すよりも早く、上手く描けるようになります。

いわゆる、近道を利用できるというわけです。

まあ、最初からプロと同じようなクオリティで描けるわけではありませんが、 確実に上達を早めることができるでしょう。



中には、人の真似をしていては個性が出ないのでは?
と思われる方もおられるかもしれません。

しかし先ほども述べたように、
プロの真似をしたからといってプロと同じように描けるわけではありません。

人には必ず、その人ならではの描き方のクセがあります。

多くの人は、他人の真似をしたとしてもそのクセ…いわゆる個性が出てしまうため、他人と全く同じようには描けません。



あとあくまでも、人の描き方を真似する・参考にするというのは、 描く過程を参考にさせてもらうのであって、全く同じ絵を描くという意味ではありません。

結果的に絵が似てしまうというのはあるかもしれませんが、
そこは気にしなくてもよいでしょう。

気になる方もとりあえずは練習と割り切り、ひと通りの描き方を身につけたあとで、 自分ならではの描き方というものを探求していけばよいのではないでしょうか?

まずはプロ、上手い人に描き方のコツを教わることで、
効率的に透明水彩の腕を上達させましょう。





Copyright (C) 2019 初心者のための透明水彩画講座 All Rights Reserved.
TOPPAGE