水彩画を描くのに理論の勉強は必要ない - 初心者のための透明水彩画講座

初心者でもあっという間にきれいな水彩画が描けるようになる。
そんな水彩画講座をご紹介します。

水彩画をはじめたいけど、
何をすればよいのかがわからない。

市販の水彩画教本に挑戦してみたけど、よくわからないし上手く描けない。

そんな初心者に知っていただきたいのが、自宅で透明水彩の描き方を学べる水彩画講座。

一般的な練習方法とは異なるやり方で、
効率よく、また楽に水彩画の腕を上げることができます。

いきなりきれいな水彩画が描けるから、初心者でも楽しんで練習が続けられるはずです。

水彩画を上達させたい。
そんな方はまずチェックしてみましょう。

水彩画を描くのに理論の勉強は必要ない



水彩画でも油絵でも、絵をきちんと勉強しようというときに出てくるのが、「理論」の話。

理論とはわかりづらい言葉ですが、現象や事実を説明するための原則的なもの、 筋道立ったデータを体系的にまとめたもののことをさします。

決まりや論理的な知識のようなものだと考えるとわかりやすいかもしれません。

水彩画の理論だと、
水彩画の決まりや知識…という感じです。



当然ですが、水彩画の理論と一口にいってもさまざまなものがあります。

市販の教本や講座の教材などをみていても、
多かれ少なかれそういった理論について説明しているものは少なくありません。

そういった理論的なことは、ある程度のレベルに達している方が、今以上にレベルアップしたいと思ったときには避けて通れません。

いや、別に避けて通ることはできるのですが、水彩画の理論をきちんと学んでいないと実践が難しい技法もありますし、 色の使い方についても限界が出てきます。

さらに上を目指すのであれば、むしろ頭に入れておいた方が役立つというわけです。



そんな透明水彩、水彩画に関する理論ですが、
正直言って初心者には不要です。

というか、絵すらまともに描けないレベルの初心者が勉強したところで、 全く頭に入ってこないどころか、絵を描くことに関して嫌気がさしてしまう可能性もあります。

そもそも、趣味で水彩画を描くだけなら理論について深く考える必要はありません。



もちろん、理論については知っていたほうが、
例えば明暗の表現だったり、色の使い方に関しても工夫はできるでしょう。

特に透明水彩を本格的にやりたい人にとっては、理論の勉強は欠かせないと思います。

ただ、描くこと自体が大変な初心者にとっては、
まず描くことに慣れることの方が先です。

見たもの、想像したものを思い通りに描けるレベルになるまでは、理論のことを気にする必要はありません。

理論をはじめ、難しい美術用語なんて知らなくても、
透明水彩の扱い方、描き方のコツを感覚的につかんでさえいれば、きれいな水彩画は描けます。

最初に難しいことはしないほうが良い

前項で、水彩画初心者には理論の勉強は不要だと述べましたが、 不要…というよりは、初期のうちはやらないほうが良いとさえいえるかもしれません。



もちろん、その人のレベルや目指すところにもよりますが、 まだ思うように絵を描いたり色を塗ったりできないレベルの初心者にはおすすめできません。

完全な水彩画初心者の場合、まだ道具をうまく操れない状態です。

思うように描けないのに、
理論を知っていてもきちんと生かすことができません。



それ以前に、理論って透明水彩をある程度知っている人にとっては、 「なるほど」と頭にすんなり入れることができますが、初心者だと多分意味がわかりにくいと思います。

そればかりか、水彩画を描くことに難しい印象を持ってしまったり、決まりが多くて自由でないと感じるなど、 無駄に水彩画学習のハードルを上げてしまいます。

最初から「難しいもの」だと思い込むことによって、
積極的にあれこれ描こうという気力が萎えてしまうかもしれません。

本格的に絵を勉強しようという人ならばともかく、 初心者にとっては最初に知識云々で固めるよりも、 とりあえずいろいろ描いてみる、難しいことに挑戦して失敗してみるというくらいの姿勢が適当です。

その方が、あとから理論について学んだ時にも「なるほど、だから失敗したのか」と納得しやすいと思います。



絵を描くこと自体に慣れていない初心者は、
理論ではなく、道具の使い方や絵を描くこと自体に慣れるようにしましょう。

といっても、やみくもに絵をたくさん描くのではなく、 描き方のコツ、ポイントを押さえた上で絵を練習することです。

そうしたほうが、短期間で透明水彩の腕を上達させられます。

もし水彩画を練習するための教本や教材などをお探しなのであれば、 次項でご紹介している水彩画講座をご覧になってみてください。

プロが水彩画を描くコツを映像で直感的に学べるという、
初心者にとって理想的な練習方法を採用しています。

プロの描き方を真似して学べる水彩画講座とは



初心者が透明水彩を上達させるには、ただ絵をたくさん描き続けるのではなく、 上手く描くコツ、それらしく表現する描き方を把握したうえで描く練習をすることが大切です。

その理想的な練習法を取り入れたのが、 「大人のための水彩画講座」です。



この講座ではプロの画家である上西先生が、
DVD映像を使って透明水彩の描き方をわかりやすくレクチャーします。

この講座の良いところは、先生の解説が初心者にとってわかりやすいものであることはもちろん、 先生が1枚の絵を描き上げる様子、筆を細かく動かす様子などを省略なく見られるというところにあります。

最初から最後まですべてを見られるので、
どうすればよいのかがわからなくなるようなことは一切ありません。

ユーザーはプロが絵を描く様子をよく見て、真似るだけ。

実際に真似て描くことで、
プロが水彩を描くコツを効率よく身に付けることができます。



この水彩画の練習方法、絵を描くことに慣れていない初心者にとってはとても効率的なやり方です。

自己流の練習で描き方を身に付けるとなると、それなりに描けるようになるまでには1年2年以上はかかりますが、 この方法なら短期間でそれなりにクオリティの高い水彩画が描けるようになります。

いわば、ひと通りの透明水彩のテクニックを身に付けるための「近道」ができる講座だといえるでしょう。



大事な要素、必要な要素をぎゅっと凝縮した内容であるため、
独学のように無駄な時間を消費しません。

短期間で水彩画を上達させられるため、
時間がない方や飽きやすい方にもおすすめです。



具体的にどんな風に練習するの?
と思われた方、まずは以下のページで講座のレッスン内容を確認してみましょう。

水彩画の描き方が全くわからないという方でも、
簡単に実践できることがおわかりいただけるはずです。





Copyright (C) 2019 初心者のための透明水彩画講座 All Rights Reserved.
TOPPAGE